Print Shortlink

活躍できるフィールドは広がる

金融系システムエンジニアは人気が高い業種として知られますが、実際に携わる人の満足度も高いものです。報酬は十二分に高いものですが、その将来性に関しても楽観的な見方があります。銀行や保険関係も統廃合の可能性はありますし、金融系の不安に関してはいつも付きまとう事になります。ただし、そのような場合でも新たにシステムの統合が必要なので、仕事自体は発生する事になるものです。そして、注目されるのは証券会社のIT技術への投資です。

と言うのも、自動売買に関するシステム開発が急がれていますし、国内業者はまだその分野では遅れています。ユーザーがプログラム開発できるプラットフォームがまだ十分に提供されていないので、金融系システムエンジニアによる活躍が期待されています。また、金融機関でのシステム開発は、その経営基幹に触れる事になるために、エンジニア自身も経営の一部に関わる事になります。つまり、開発技術のみならず、経営に関しての知識も備わる事を意味します。

そこで、将来は他の企業における経営支援と言う分野でも活躍できるわけです。単なる開発業務に留まらずに、コンサルタントとしての活躍フィールドを広げられる事につながります。そのために、独立してコンサルタント業務を始めるエンジニアも増えています。あるいは証券会社の専属エンジニアとしてサービス基幹のシステムを組んだり、新たなサービスの立ち上げにも携わる傾向が増えると見られています。